薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない

薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない


薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない
"育毛を実践している人の中には全く効果の無い育毛方法をしている人がいます。
まずは貴方の髪の毛の状況を把握して、帽子に頼らない生活を送っていきましょう。
何事でもそうですが、髪の毛に関しましても諦めなければきっと悩みから解放させることが出来ます。
薄毛だって貴方の髪の毛に見合った育毛剤を使用することで理想の髪の毛が蘇ります。

多くの男性の悩みとしまして抱えているのが薄毛ということであり、この主な原因というのはストレスや頭皮の状態の悪化によるものとなっています。
この薄毛というのは遺伝をしてしまうかと言いますと、この答えは「遺伝する」と言い切れます。遺伝というのも薄毛の主な原因の一つであり、また厄介なものであり、特に両親が薄毛で無かったとしても、祖父母の世代で薄毛の人がいたとしても、あなたに遺伝をしてしまう可能性はあります。

薄毛の興味深いこととしましては、薄毛はよく男性に多く見られ、母親から受け継ぐ遺伝子に変異が起こってしまう場合におきまして発生するということです。"



薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がないブログ:03 9 19

俺自身の経験からもそうなのですが、
減量って根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
毎日限界まで踏み台昇降して、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんて減量ってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でも俺は、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「減量」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんて減量ではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、体質を壊すだけです。

体質を壊す減量なんて、俺はしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
1週間以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったから減量できない」
ことはないのです。

事実、俺の夕食時間は、
ほとんど18時10:00~12時です。
こんな生活でも半年で10キロ落とせました。

世の中の減量法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったら減量は失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、減量はできます!

だから
「これをやっているから、俺には減量は無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!

薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない

薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない

★メニュー

何故薄毛になってしまうのか
薄毛と毛染めにある関係とは
薄毛は食生活にも影響してくる
薄毛を進行させてしまうタバコの害
睡眠時間は育毛に大きな関係がある
今急増している若ハゲについて
男性ホルモンと薄毛の関係
育毛促進のための運動
喫煙によって発毛を妨げてしまう
薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これからの育毛方法