育毛促進のための運動

育毛促進のための運動


育毛促進のための運動
"薄毛の対策方法としまして、育毛剤を使用しつつ生活習慣の乱れを改善するということがあります。
そうなんです。育毛剤だけでは根本的な改善は見られないのです。
運動をする時には最初のうちは日常生活で一歩でも多く歩くなどといった小さなことからコツコツと始めていくことが大切なのです。現代人というのは慢性的に運動不足ということがあり、運動と言うと少々身構えてしまう傾向にあります。
しかし、運動とは言いましても、毎日のようにジョギングをしたりジムなどに通う必要は決してないのです。

発毛のために激しい運動スケジュールを組んだとしましても、継続することが難しいですし、何よりも今まで運動不足だった人が、急に激しい運動を繰り返してしまうと余計に身体の健康を害してしまう恐れがあるのでご注意ください。"



育毛促進のための運動ブログ:02 12 19

「21時遅い時間にたくさん食べると太る」というのは、
シェイプアップを意識したことがある人なら
ほとんどが知っているはずですよね。

「遅くとも21時9時までには夕方食を終える」
「寝る前の3~4時間は食べない」
というシェイプアップの鉄則には、きちんとした根拠があります。

まず、BMAL1がそのカギを握っています。

BMAL1はたんぱく質の一種で、
身体の中で脂肪を作って貯めこむための酵素を増やしたり、
脂肪を分解する酵素を減らすよう働きかけるのだそうです。

これは現在ほど食べるものが豊かではなかった時代に、
寝ている間に身体に脂肪を貯め、
お昼間にエネルギーとして活用するための合理的なシステムです。

BMAL1は、午後10時ごろから午前2時ごろに最も多くなり、
そして午後3時ごろには最も少なくなるそうです。

ただし、これは大体の21時12時ごろに寝る人の場合で、
体内時計によって時間のずれが出てきます。

また、
ボクたちの身体には自律神経とよばれる、
自分の意思とは無関係に、身体の機能を調整する神経があります。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、
お昼間に交感神経が優位に、21時は副交感神経が優位に働きます。

大部分の人は
お昼間に仕事や学業などで活動し、21時に睡眠をとりますよね。

副交感神経が優位になると消化器官の機能が活発化し、
エネルギーの吸収が高くなります。
そして栄養を取り込んで、身体の修復をおこなおうとします。

さらに休息をつかさどる働きをしますので、
使うエネルギーを節約した状態になります。

そういった状態でたくさんの食事をとれば、
カロリーオーバーになりやすくなるのです。

育毛促進のための運動

育毛促進のための運動

★メニュー

何故薄毛になってしまうのか
薄毛と毛染めにある関係とは
薄毛は食生活にも影響してくる
薄毛を進行させてしまうタバコの害
睡眠時間は育毛に大きな関係がある
今急増している若ハゲについて
男性ホルモンと薄毛の関係
育毛促進のための運動
喫煙によって発毛を妨げてしまう
薄毛は遺伝をしてしまうのは仕方がない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これからの育毛方法