睡眠時間は育毛に大きな関係がある

"最近では若はげと呼ばれている若い世代の薄毛が非常に目立ちます。
これは、欧米の食文化が日本に浸透してきたのも原因であり、やはり栄養バランスのとれた和食に戻す必要があります。
早寝早起きが健康に良いとされている理由が、午後10時〜午前2時の4時間に睡眠をとることであり、あまりにも長い時間の睡眠は逆に良くないのです。髪の毛の生成におきましては睡眠時間をちゃんと取ることが必要となります。しかし睡眠時間はただ単に長時間とるというワケではなく、髪が生成されやすい時間帯に睡眠をすることが大切なのです。

 

人間の身体の成長に大きく関係のある成長ホルモンというのは、睡眠中に分泌されますが特に副交感神経が最も活発になるとされている時間帯としましては「午後10時〜午前2時」の時間帯に多くの成長ホルモンが分泌されることとなります。"

中野 賃貸チェック
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/
中野 賃貸



睡眠時間は育毛に大きな関係があるブログ:08 12 19

一般的にスナック菓子やチーズケーキは、
「ダイエットの大敵」と言われています。
これは、客観的に見ると「真実」だと思います。

しかし「ダイエットの大敵」は、
本当にダイエット中は、
一切摂ってはいけないものなのでしょうか?

そこでおいらは、スナック菓子について調べてみました。

まず、スナック菓子を食べた時の体質の動きを追ってみると…

糖分が多いスナック菓子を食べると急激に血糖値が上がり、
インスリンと言うホルモンが分泌され
その作用によりその血糖を脂肪に変えて、脂肪細胞に貯め込みます。

血糖値は急激に上がるので、食べたその時は腹が膨れますが、
インスリンが大量に分泌されると、その血糖を脂肪に変えて貯め込むので、
今度は急激に血糖値が下がります。
血糖値が下がると、今度は空腹感が襲ってきます。

つまり、スナック菓子やチーズケーキなどの糖分が多い食品は
「その場の満腹感はある」
「しかし、脂肪に貯め込みやすく」
「すぐに腹が空いてしまう、腹持ちの悪い食品」
なのです。

だから「ダイエットには大敵」の食品なんですね。

また砂糖の甘みは、
脳の摂食中枢に直接刺激を与えるものであり、
食べた記憶が強く脳裏に焼きつきます。

これによって、
実際にはスナック菓子が空いていないのに、
テレビのCM等を見ただけで食べたくなってしまう
「認知性食欲」も刺激されやすいのです。

これが「間食」の引き金になっています。

特に女性の体質は、
妊娠や出産と言う「大仕事」をこなすため、
その様な場合に備えて、
普段からエネルギー貯蔵しようする本能が強くなっています。

これがいわゆる「果物は別腹」的な現象の理由なんです。